ココロとカラダの健康維持を目的に、愛犬のためのメディカルアロマテラピーを行っております。
また、K's Flintではメディカルアロマについて正しい知識と理解を深めるための教室も開催しております。

ヨーロッパでは西洋医学の代替治療として確立しているメディカルアロマセラピー。
「香り」による心理的な効果に加え、精油がもつ芳香成分を効果的に体内に取り込むことによって、愛犬の健康を維持できるようサポートいたします。

またハローどうぶつ病院との連携を密にし、精神的にも肉体的にも健全な状態に導く事もK's Flintが掲げるミッションの一つです。

メディカルアロマセラピー教室

ココロとカラダの調和を目的とし、犬のストレスのない健康を実現します。
ご家庭でメディカルアロマセラピーの正しい知識と活用方法を学ぶことで、ペットとの豊かな暮らしを実現します。

1回:メディカルアロマって?アロマウォーター作り  ・メディカルアロマ総論 2回:身体の中からリラックス!アロマクリーム、アロマ乳液  ・芳香分子の経皮吸収
 ・ハイブリッドオイルとナチュラルモイストジェル 3回:自己カウンセリング?最適アロマジェル作り  ・自己診断シート
 ・セルフカウンセリング 
 ・自分にベストな精油選び 4回:アロマバスオイル  ・アロマとマッサージ、トレーニング
 ・ココロとカラダのバランス

ペットアロマセラピストのアロマエピソード

ペットアロマセラピストが語る アロマエピソード

それは、とある犬に関するセミナーに愛犬と共に出席
したときのことでした。慣れない環境、そしてたくさ
んの人と犬に、こか落ち着かずそわそわした様子の我
が愛犬。それを近くで見ていたセミナーサポーターの
方が、何気なく近づき、犬の首元にとある精油を塗り
伸ばして
くれました。「いい香りだな~」とだけ感じ
ながら、その後、特に犬の様子を気に留める余裕もな
くセミナーに集中して10分ほど過ぎたあたりで、彼が私の足元で爆睡しているのに気付きました。直前に彼に対してしたことといえば、その精油を塗ったことぐらいです。
そのときが初めて、メディカルアロマ、そして植物のもつ秘められた力を感じた瞬間です。
ブログ記事:http://funfuntraining.blog59.fc2.com/blog-date-201203-2.html
私は昨年9月より約半年、愛犬と一緒に世界を一周する旅をして参りました。
人間だけでなく、当然犬も飛行機に乗ります。私の犬は、ボーダー・コリーの中型犬なので
客室には持ち込めないサイズなので、動物専用部屋に乗せてのフライトになりました。
そこで利用したのが、メディカルアロマです。フライト中リラックスできるよう、マンダリンを中心に鎮静・リラックスを促す芳香成分が入った精油を何種類か組み合わせ、搭乗前に塗ってあげました。その効果があったのか、彼を迎えにいったカナダの空港の回収ゲートでは、ゲージ内でケロッとした顔をして待つ彼の姿が。
その後、入国手続きなどで空港内を移動していた途中も、大きなストレスを感じてはいなかったことを覚えています。
世界一周中に訪れた、世界で2番目に高いところにある駅として有名なスイスの「ユングフラウヨッホ駅」。
それはそれは高いところにある駅で、寒さとその標高の高さで同行していた私の妻に軽い頭痛といった高山病の症状がでてしまいました。
そこで、とりあえずの応急的処置として、ローズマリー・カンファーを中心とした頭痛解消を促す精油を何種類かブレンドしたものをこめかみに塗ったところ、かなり頭痛の緩和が見られました。

お客様の声

お客様の声をもっと見る


メニュー内容

<ホームケア アロマシリーズ>

ホームケアアロマシリーズは、健康の維持増進を目的としたアロマセラピーです。

スキンケア アロマウォーター&乳液
肌や被毛をしっとりさせるとともに、精油の効果でフケや乾燥、皮膚表面的な赤みやかゆみも防いでくれます。
ブラッシングやマッサージとの組み合わせがおススメです。
[ 使用方法 ] 使用前にボトルを軽く振り、皮膚や被毛に直接スプレーするか濡らしたタオルにスプレーし体を優しく拭いてください。人間の手にスプレーし、マッサージを行っても大丈夫です。
1日に何回でもご使用いただけます。
[ 精油 ] ラベンダー・アングスティフォリア
しっとり肉球保湿ジェル&クリーム

人の手荒れと同じく、毎日地面に触れる犬の足パッドもまたカサつき、ひび割れをおこします。
瘢痕形成や細胞活性を促す精油が含まれたジェルやクリームで、しっとり張りのある肉球を目指しましょう!

[ 使用方法 ] 1日2~3回を目安に、肉球表面に薄く塗ってください。
[ 精油 ] ラベンダー・アングスティフォリア ラベンダー・スピカ パルマローザ ローズ・ウッド
アイケア用アロマブレンド(ホットタオル用)

このアロマは、目やに、涙やけなど、目の周りのケアにおススメです。
目の疲れを癒し、ストレスを解消してあげましょう。※目の中に入れるものではありません。

[ 使用方法 ] お湯にアロマブレンドを数滴垂らし、かき混ぜ乳化させます。タオルを浸し、固く絞った後、ワンちゃんのまぶたの上から優しく覆います。目安時間は30秒~1分。蒸らした後のフェイスマッサージがおススメです
[ 精油 ] ラベンダー・アングスティフォリア パルマローザ
リラックス(自律神経安定)アロマジェル

興奮しやすい、又は怖がりやすい子におススメのアロマです。
ストレスに大きな関わりを持つ自律神経を整えることでリラックス状態を促します。
攻撃性などには行動リハビリテーションとの併用が必要です。

[ 使用方法 ] 1日2~3回を目安に、米粒大にとったジェルを耳の内側に 薄く塗ってください。
[ 精油 ] マジョラム ゼラニウム・エジプト バジル マンダリン
車酔い止めアロマジェル

車での旅行など、乗り物酔いしてしまう子におススメ。副交感神経を安定させる精油が含まれています。
定期的な休憩や食事管理、リハビリテーションとの併用がより効果的です。

[ 使用方法 ] 乗車前の約10~15分前に、米粒大にとったジェルを耳の内側に 薄く塗ってください。
[ 精油 ] バジル マジョラム ゼラニウム・エジプト ペパー・ミント
足・お尻拭き用アロマブレンド

抗菌・保湿効果のある精油をブレンド。
使い捨てフキン(ノンアルコール)にスプレーして、お散歩後にサッと一拭き。
外出先で手足を洗えない時にも便利です。

[ 使用方法 ] 水の入ったボトルやスプレーボトルにアロマブレンドを数滴垂らし、よく振り乳化させます。(※目安量は【内容成分・アロマブレンド】を参照)
フキンなどにスプレーして、汚れを拭き取ってください。1日に何回でもご使用頂けます。
[ 精油 ] ローズ・ウッド(又はパルマローザ)
シニアケア アロマシリーズ
関節ケア アロマジェル

鎮痛効果のある精油をベースに、筋肉のハリや関節の痛みのある場所に合わせて、加温作用・冷却作用がある精油を配合していきます。

[ 使用方法 ] 1日1~2回を目安に、痛みのある部位にジェルを薄く塗ります。
ストレッチや経絡ツボマッサージとの組み合わせが効果的です。
[ 精油 ] ウィンターグリーン ユーカリレモン レモングラス タイムサツレオイデス
免疫アップ+老化防止ジェル

免疫向上、そして脳の活性を促す精油の効果により、精神的にも身体的にも病気になりにくい体を作ります。
皮膚や脳に対するサプリメント・オメガ3脂肪酸との併用が効果的です。

[ 使用方法 ] 1日1~2回を目安に、米粒大にとったジェルを耳の内側に薄く塗って下さい。
[ 精油 ] アカマツ・ヨーロッパ ティートゥリー ラベンサラ ニアウリCT1
床ずれ(褥瘡)ケア アロマクリーム

寝る時間が多くなり、自分で寝返りかできなくなると「床ずれ(褥瘡)」が起きやすくなります。
ひどい床ずれば完治が難しく、早めのケアが重要です。
傷の治癒を助けてくれる精油が含まれたアロマクリームです。適切かつ十分な栄養補給も大切です。

[ 使用方法 ] 1日2~3回を目安に、床ずれが起きた又は起きそうな部位に、薄く塗ります。
[ 精油 ] ラベンダー・スピカ ローズ・ウッド ラベンダー・アングスティフォリア

内容成分

【精油】
製造元:プラナロム (フランス・ベルギー)
製造元での検査に加え、日本輸入後、厚生労働省指定期間による成分分析を行い、残留農薬・酸化防止剤が検出されていない厳選したものを使用しています。

【アロマウォーター】
・ハイブリットオイル(主成分:オレイン酸):界面活性剤、保湿作用
・水
◇使用期限:冷蔵保存の上、製造日より2~3週間

【アロマジェル】
・ハイブリットオイル(主成分:オレイン酸):界面活性剤、保湿作用
・ナチュラルモイストジェル(主成分:白樺樹液、海藻):保湿作用
◇使用期限:直射日光の当たらない場所で、常温保存の上、製造日より約6ヶ月

【アロマクリーム】
・親水軟膏(主成分:白色ワセリン):皮膚保護作用
◇使用期限:直射日光の当たらない場所で、常温保存の上、製造日より約6ヶ月

【アロマブレンド】
・バスオイル(ミネラルオイル、オレス-5):乳化剤
◇使用方法:水が入ったボトルやスプレーボトルに、アロマブレンドを数滴入れて、よく振り乳化させた後、
 タオルやフキンに染み込ませて使用します。
 [ 目安量 ] 水30ml に対して アロマブレンド10~15滴
◇使用期限:直射日光の当たらない場所で、常温保存の上、製造日より約6ヶ月

~必ずお読みください~
ホームケア及びシニアケアシリーズは健康なワンちゃんを対象にしたアロマセラピーです。
表示されている精油はベースとして含まれるもので、その子に合わせて精油の種類や量を調節します。
適切な使用方法・保存方法に沿ってご使用ください。
お肌に合わない場合は、ご使用をお止め下さい。

お申込み・お問い合わせはこちらまで

« トップページへ戻る


ページトップへ